「潤い」と「光」をたたえた肌へ。ベースメイクの併せ使いで叶える美の3重層!

化粧下地:9つの機能で、今ある肌悩みを一掃。
肌の凹凸に美容成分が浸透し、ピタッと密着。両側からググッと引っ張り、凹凸による影のないなめらか美肌へ。
ファンデーション:潤いファンデで、うるっと透明感アップ。
光を反射する平板パウダーがシミ・シワを自然にぼかし目立たなくし、厚塗りになることなく気になる肌悩みを自然にカバーします。
※セリサイト、タルク
パウダー:光を纏ったような透明美肌に。
光を細かく乱反射させるミラーボールパウダーなどが、柔らかな光の層をつくり上げ、明るくキメ細やかな仕上がりに。
※ 微粒子チタン、酸化チタン、酸化亜鉛

step1 化粧下地

最後の「押さえづけ」で下地をフィットさせる

化粧下地 薬用モイスト&カバーベース モイストリッチ&アップベース

※今回使用した商品は、薬用モイスト&カバーベースです。

1 伸びを良くするために手の甲でくるくると馴染ませる

手の甲にあずき粒大を出し、手でくるくると馴染ませます。指の腹で適量を取り、写真のように点々と内側から外側に薄くのせます。

ポイント:手の甲でくるくる馴染ませます。

2 中心から外へ、やや上側に向って薄くなるように伸ばす

頬から外側に向って薄くなるようにのばしていきます。やや上側に向って伸ばすことで、下地が崩れやすい毛穴やシワにも密着し、しっかりフィットします。

3 しっかり密着させるため顔を包み込むようにハンドプレス

顔全体に塗り終えたら手についた油分をふきとり、顔に手を押し当てハンドプレスします。両頬・額・あご・小鼻など密着させるようにあちこち押さえていきます。

薬用モイスト&カバーベース
薬用モイスト&カバーベース

SPF37、PA+++で、皮脂をコントロールしながら、美白も叶える美人仕上げ下地。紫外線の気になる方にオススメです。

ご注文はこちら
モイストリッチ&アップベース
モイストリッチ&アップベース

すぐ潤う&ずっと潤うWの保湿成分で、パックしたかのような潤いと明るさへ。乾燥の気になる秋冬にオススメ。

ご注文はこちら

※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

step2 リキッドファンデ

余分なファンデをオフ、よれない美肌へ

[美容液ファンデーション]薬用クリアエステヴェール

1 三角ゾーンはしっかりと崩れやすい所は軽くトントン塗り

手の平に「薬用クリアエステヴェール」を少量出し、指に取ります。三角ゾーンに薄くのばした後、手に残ったファンデで崩れやすい目元や口元、Tゾーンにトントンとなじませるように塗ります。

ポイント:中指と薬指の第二間接までを使って叩き込むのがコツです。

塗り方のコツ

動きやすく崩れやすい部分はトントンと馴染ませるように。

毛穴・シワ・たるみが気になる部分は指で軽く持ち上げ、下から上に向かって埋め込むように伸ばします。

2 余分なファンデーションをスポンジで吸い取る

仕上げにスポンジで軽く叩きながら、余分なファンデーションを取り除きます。叩くことで肌への密着度も上がり、より崩れないメイクに。

ワンポイントアドバイス シミが気になる方はファンデーションを重ね塗り

シミやくすみが気になるときは、少量のファンデをさらに取り、指の腹でトントンと隠したい部分に馴染ませてください。

ご注文はこちら

step3 おしろい

潤いながら透明感アップ!

[固形おしろい]薬用プレストパウダー

1 メイクの仕上げやお化粧直しにファンデーションの上からご使用ください

適量をパフに取り、もみ込んだあと、余分な粉を落とします。
軽く押さえるようにTゾーン・頬・小鼻周りなど顔全体につけます。

ポイント:崩れやすいTゾーンは多めに粉を取り、押さえつけるようにのせると崩れにくくなります。

塗り方のコツ

頬の三角ゾーンを中心に多めにのせ、外側に向かって薄くのばすと、シャープな仕上がりになります。

2 ふんわりナチュラルな美肌に仕上げる

パフに残った粉で、あご・目元などの部分を押さえるようにつけます。

ポイント:メイク直しの時は、初めに余分な皮脂を吸収してから仕上げると崩れにくくなります。

ご注文はこちら

シミ・くすみが気になる方は

1本で叶える3つの機能 進化系コンシーラー クリアスティックC+

ご注文はこちら

ご購入はこちら

※割引率は通常価格からの割引率です。

※会員価格とは、ステージ1の価格をさします。