七夕まつり2014:天の川に願いをこめて

  • 2016.08.16 鎌倉にセカンドハウスを購入したい! Fuwarinさん(39歳)
  • 2016.07.31 家族が幸せでいられますように まいこさん(42歳)
  • 2016.07.27 マキアレイベルで健康な生き生きした肌になりたい さとみさん(28歳)
  • 2016.07.26 化粧品何使ってるの?と10人に聞かれたい。 さとーまさん(38歳)
  • 2016.07.26 主人や家族と仲良く暮らせます様に クローバーばあばさん(61歳)
  • 2016.07.26 大好きな彼との愛の結晶が授かりますように。。。 アルファさん(45歳)
  • 2016.07.25 安定した暮らしができましように★ くみさん(64歳)
  • 2016.07.22 何時までも家族仲良く健康に。 ままんさん(33歳)
  • 2016.07.21 お肌のお手入れに力を注ぎ若々しく保てますよーに☆ こきんちゃんさん(32歳)
  • 2016.07.21 お肌のお手入れに力を注ぎ若々しく保てますよーに☆ こきんちゃんさん(32歳)
  • キャンペーン概要
  • 応募する
  • みんなの願いごとを観る
  • 七夕レポート
第4回 2013年の七夕レポートです
2013年7月26日(金) スタッフ全員で書き起こし
マキアレイベルを運営する株式会社JIMOSスタッフ一同、
皆でお願い事を書き起こしました。

株式会社JIMOSは福岡県と東京都に本社を構えます。
今年は東京のメンバーも書き起こしに加わり、皆で奉納準備を進めました。

スタッフ全員が参加したのは、今年が初めてです!

お客様のお願い事、自分のお願い事も(笑)
一文字一文字、真剣に書いていきます。
2013年8月1日(木) みなさまのお願いごとを七夕神社に奉納しました!
うだるような暑さの中、担当スタッフ3名で奉納に行ってきました!
今年は会報誌でも短冊を募集したところ、こちらも多くの短冊が集まりました。
一緒に奉納しましたよ!

私鉄を乗り継ぎ、七夕神社に到着!

七夕神社では、既に奉納されている短冊が徐々に笹に飾られていました。

私達が奉納しようとした途端、急に風が強くなってきました。
暑くて無風だった七夕神社に心地よい涼しい風がふき始めます。
皆様のお願い事を応援してくれているような、なんとも不思議な体験でした。
2013年8月7日(水) 小郡市民の夏の風物詩
いよいよ七夕祭りです!

普段は静かで凛とした七夕神社ですが、この日は色とりどりの短冊で鮮やかな装いに!
とてもキレイですね!

短冊を見て回ったのですが、英語やハングル語、中国語など、外国語の短冊も多く見られました。
世界中からお願い事が一同に集まっているなんて、なんともロマンチックですね。

私達の短冊も発見しましたよ♪

私は朝方に行ったのでまだ屋台は準備中だったのですが、
既に多くの方が参拝に来ており、賑やかな神社の様子を楽しんでおられました。
2013年8月8日(木) みんなのお願い事、天まで届け!
お炊き上げ当日です!

お炊き上げは、神主さんと七夕の里振興協会の方達で行います。

着々と準備が進められます。

4本の竹をちょうど正方形の四隅に立て、その竹を結ぶように注連縄を巻き、
お炊き上げの場所が完成です。

お炊き上げは全ての短冊に行われます。
神主さんが前儀式を行い、最後の祈りを行います。

短冊に火をつけると、勢いよく白い煙が立ち上がります!

そのまままっすぐ天に昇っていきます。
皆様のお願い事が、神様の元へ届けられていく瞬間です。
七夕神社とは
七夕神社は、正式には媛社(ひめこそ)神社といい、肥前風土記(730年頃)の中に記述があり、
当時すでにこの神社が今と同じ場所にまつられていたことが分かります。
祭神は、神社縁起に姫社神(ひめこそかみ)と織姫神(おりひめかみ)と記されています。
また、宝満川を挟んでこの織姫をまつる七夕神社と相対して老松(おいまつ)神社があり、ここに大正12年の
圃場整備の際に合祀(ごうし)された牽牛社(けんぎゅうしゃ)があります。
天の川と同じく南北に流れる宝満川とその両岸にまつられた織姫と牽牛(彦星)は、天上の物語を
地上に配した様になっており、そこには昔の人々の信仰とロマンが感じられます。