七夕まつり2014:天の川に願いをこめて

  • 2016.08.16 鎌倉にセカンドハウスを購入したい! Fuwarinさん(39歳)
  • 2016.07.31 家族が幸せでいられますように まいこさん(42歳)
  • 2016.07.27 マキアレイベルで健康な生き生きした肌になりたい さとみさん(28歳)
  • 2016.07.26 化粧品何使ってるの?と10人に聞かれたい。 さとーまさん(38歳)
  • 2016.07.26 主人や家族と仲良く暮らせます様に クローバーばあばさん(61歳)
  • 2016.07.26 大好きな彼との愛の結晶が授かりますように。。。 アルファさん(45歳)
  • 2016.07.25 安定した暮らしができましように★ くみさん(64歳)
  • 2016.07.22 何時までも家族仲良く健康に。 ままんさん(33歳)
  • 2016.07.21 お肌のお手入れに力を注ぎ若々しく保てますよーに☆ こきんちゃんさん(32歳)
  • 2016.07.21 お肌のお手入れに力を注ぎ若々しく保てますよーに☆ こきんちゃんさん(32歳)
  • キャンペーン概要
  • 応募する
  • みんなの願いごとを観る
  • 七夕レポート
第3回 2012年の七夕レポートです

七夕レポート

2012年7月16日(月)

たくさんのお願い事!

たくさん集まって嬉しいですね!奉納が待ち遠しい!

マキアレイベル七夕祭りへのたくさんのご参加ありがとうございました!
大変お待たせいたしましたが、本日より奉納までの様子をレポートいたします。
今回の七夕まつりは、過去最多の829数のご応募があり、社内スタッフ一同感激です!
みなさまのお願い事は一枚一枚代筆させていただきました。
その模様はまた後ほど・・。

2012年7月27日(金)

スタッフ一同で代筆

みなさまのお願い事は、マキアレイベルスタッフが心を込めて代筆いたしました。
短冊も良いものを!と、この日のために某スタッフがたくさんの和紙を購入して気合十分です。
パソコンのキーボードからペンに持ち替え、一心不乱に短冊書きに没頭しました!
それぞれ色合いの違う和紙に、みなさまの願い事が一つ一つ綴られていきます。
本当に素敵な時間です。

みなさまのお願い事、全部届きますように。

2012年8月3日(金)

みなさまのお願い事を七夕神社に奉納しました!

みなさまのお願い事をついに奉納です!
この日の福岡の気温は摂氏36度!
うだるような暑さの中、汗だくでの奉納になりました。

七夕神社がある小郡市へは、
弊社のある祇園から電車で揺られること30分。

だんだんと緑豊かな田園風景に…。
のどかな景色に癒されます。
喜びを表現しようとしたのですが…。
ちょっと間違えましたね(笑)
奉納へは、マキアレイベルのサイトを運営する
ネット企画チームの4人で行ってまいりました!
企画の段階から見守ってきた七夕企画。
ついに奉納となると胸も高鳴ります。

七夕神社へ到着!
明日の炊き上げに先駆けて
たくさんの短冊が飾られています。
さすがは七夕神社!と思わせる光景です。
ついに奉納です!
神様の前に短冊を並べました。
みなさまのお願い事、全て届きますように!!
私の顔、怖いですね(笑)真剣です!
奉納後は、神主さんに
七夕神社の歴史を伺いました。
七夕神社の歴史は古く、
現在では各地で七夕行事が行われておりますが
その最も早い時期から行われていたのが
この七夕神社ではないか、と言われています。
『織姫』の「織」とは織物のことで、
その昔は仕事の才を伸ばしたり、
技術を高めるための祈りを捧げていたそうです。
織物の盛んだった小郡市に七夕神社が在ることも頷けます。
七夕神社は、織姫様の神社といわれていますが、宝満川を挟んだ向こう側には 彦星様の神社(牽牛社)もあるそうです!

この地形は自然の偶然によるものですが、天の川に隔てられた二人の関係を彷彿させ、とてもロマンチックですね!
神主さんと記念撮影

奉納も無事終わり、炊き上げが楽しみです!

炊き上げの様子はまた後程。
この時期になると、全国から短冊が集まってきます。
韓国や台湾などからも送られてくるそうです!
この日もざっと2万枚はありましたよ~!

2012年8月7日(火)

七夕祭り

七夕神社のメインイベント「七夕祭り」の様子です。
境内には色とりどりの短冊が飾られています。
とてもキレイですね!
人が徐々に集まってきました。
普段は静寂に包まれている七夕神社ですが、この日はとても賑わっています。
たくさんの露店が出ています!
子供達も楽しそう♪
明日はいよいよ炊き上げです。

2012年8月8日(水)

ついに炊き上げです!

この日は一段と天気が良く、絶好の炊き上げ日和となりました。
神様が見守ってくださっている気がします。
全国から集まった短冊、
笹に飾られていたものを含めて、
一同に集められました。
4本の竹をちょうど正方形の四隅に立て、
その4本の竹を結ぶように注連縄を巻き、
炊き上げの場所が完成です。
白袍に身を包んだ神主さんが、炊き上げの前儀式を行い、
火がつけられます。
火が勢い良くまわると、真っ白な煙が、天に上っていきます。
みなさまのお願い事が、神様の元へ届けられていく瞬間です。
全てのお願い事が、1枚も残らず、
神様へ届けられていきました。
今年の七夕祭りも無事終了です。
たくさんのご参加、ありがとうございました!