1. トップページ
  2. ながら「めぐりケア」
ながら「めぐりケア」

秋バテ解消

忙しい毎日の中で、自然と身体に疲れや凝りが溜まっていませんか?
疲れや凝りの積み重ねは、身体が硬くなり不調を引き起こす原因に。
そこでリンパの循環機能を高める「呼吸の仕方」「肌の触れ方」を取り入れた
家事や仕事をしながら簡単にできるケアをご紹介します。

めぐりケアの前にCheck!

秋は、身体のだるさを感じやすい時期です。
両肩に手をのせ、後ろに回して肩や腕の軽さ、張りを確かめましょう。
ケアの前後にこの動作を行い、肩の回しやすさや肩・腕の軽さをご実感ください。

How To

肩に手をのせ、腕を上下に動かす。(4往復)

片方の手を肩にのせます。
ひじを動かすイメージで、腕を上下に動かします。

point

ケアの後に1回深呼吸フーッ

腕を前後に動かす。(4往復)

のせた手を肩から離さずに、
ひじを前と後ろに動かします。

point

腕を後ろに回す。(4回)

腕を後ろに回す。(4回)

肩に手をのせたまま、
腕を前から後ろに「ぐるり」と回します。
◎反対側も同様にstep①〜③を行います。

point

ケアの後に1回深呼吸フーッ

plus care

より効果を上げるプラスαケア

秋バテは、夏の冷房や急な気温の変化による自律神経の乱れで起こります。
肩甲骨周りを動かすケアで自律神経が整いやすくなり、めぐりが改善し、疲労感も軽減。
日中のだるさや眠気をよりスッキリ解消するために上記のケア後、目の周りをゆるめるプラスαケアをおすすめしています。

グーッと力を入れて目を閉じる。

目の周りの力を
抜くように目を開く。
(①〜②を3セット)

HIP-UP-ARTIST

美容整体 ゆるみき
三木貴子 先生監修(さとう式リンパケア)

三木貴子 先生

仕事や家事・育児で忙しい女性たちのために、リンパが流れる身体に整えることで心身をゆるめ、身体本来の機能を取り戻し、笑顔になれるケアを伝えています。

施術中
三木貴子 先生

熊本県出身。多忙な東京での会社員時代、重い腰痛やあごが動かなくなるなどの不調に悩み、さとう式リンパケアに出会う。即座に体が軽くなったことに感銘を受け、すぐに施術の技術を習得する。体が楽になり心も軽くなった自身の体験をもとに、自分と同じ悩みを持つ女性を笑顔にしたいとの思いで地元熊本にて【美容整体ゆるみき】をオープンする。

連載