1. トップページ
  2. お客さま紹介

娘と過ごす今の日々が
私の宝物です。

マキアレイベルご愛用歴1年

梶原 奈見さま

38歳 【福岡県】

初めて手作りした娘さんのワンピース。飾りボタンやリボンをあしらい、小さな部分まで愛情をたっぷり込めた一着です。

本好きな女性になってほしくて
娘に絵本の読み聞かせをしています。

「自慢できるような趣味や熱中していることなんて、何もないんですよ私」。はにかんだ笑顔で話す梶原さまは、3歳の女の子のママ。昔から人前に出るのが苦手だった性格を、娘さんが幼稚園に入園するのをきっかけに“めったにない機会だから私も変わらなきゃ!”と思い、勇気を出してこのコーナーにご応募いただいたのだとか。
以前は金融のお仕事で慌ただしく過ごしていましたが、子どもが生まれた今は、生活がガラリと変わって子育て中心の日々です。
育児で特に大切にしていることは絵本の読み聞かせ。週に1回は図書館に通って、借りてきた絵本を毎晩寝る前に読んであげています。
「私の親友がとても本好きな人で、憧れだったんです。だから娘にも本が好きな女性になってほしくて読み聞かせを始めました」と梶原さま。上手に読めるよう、娘さんが寝た後にも一人で声を出して練習しているそう。
「図書館は本の匂いがするでしょう?匂いの記憶って残るから、娘が大人になって私のもとを巣立ったとき、寂しくなったら図書館に行ってほしい。本の匂いで幼い頃の幸せな記憶を思い出して元気になってくれればいいなって願っているんです。世界中どの場所にも図書館はあると思うので」。そのひと言ひと言に、娘さんへの深い愛情を感じました。


「母親9割、妻1割」の毎日だけど、
それを精一杯楽しんでいます。

娘さんが小さいので、今は母親役が9割、妻として1割。自分のために割く時間はほぼないそう。そろそろ美容とか自分のために気を使わないと…と思うものの、海が好きなご主人と3人で週末はお気に入りの浜辺へお出かけ。紫外線対策もそっちのけで遊んでしまうのだとか。
「公園や海で、娘と一緒にお日様の下で遊ぶのが大好きなんです。人は歳を取ったとき一番楽しかった頃を思い出すそうですが、私は“今のこの時”を思い出すのでしょうね」。母として子育てを心から楽しんでいらっしゃる梶原さま。子育てが終わったら、いつか読み聞かせのボランティアをやってみたいと話される、やさしい笑顔が心に残りました。

コンシーラーの使い方やメイク方法など、メイクさんとの会話も弾みました。

梶原さまのお気に入りアイテム

【化粧下地】 スムースカバーベース

「化粧下地を変えるのは勇気がいりますが、思い切ってスムースカバーベースにして良かった。なめらかになって透明感が出ます」と大変ご満足いただいています。「肌がきれいに見える!」とご友人にも絶賛されたそうです。

※使用感には個人差があります。※体験談の年齢は写真撮影時の年齢です。

お客さまとマキアレイベルスタッフで記念撮影

梶原さま

「始めはとても緊張しましたが、自分だけの時間を過ごすなんて久しぶりで嬉しかったです。メイクさんからも参考になるアドバイスをもらえて、すてきな経験になりました。」

マキアレイベルスタッフ 朝久野

「梶原さまを見習って、私も絵本の読み方を工夫したり、図書館の絵本コーナーを活用したいと思います。同じ年齢の子どもを持つ母として、興味深いお話をたくさん聞けました。ありがとうございました。」

giftcard

募集中!
\あなたも会報誌やWEBに載ってみませんか?/

お客さま紹介過去のテーマ

連載