肌の大敵!紫外線が老けを招く?

「紫外線は肌の大敵」ということはわかっていながら
紫外線対策が万全ではなかったり、うっかり日焼けしてしまう方も多いはず。
ここでは、紫外線と対策についてわかりやすく解説していきます!

肌の大敵!2つの紫外線とは?
肌の大敵!2つの紫外線とは? 肌の大敵!2つの紫外線とは?

紫外線には A波(UV-A)とB波(UV-B)があります。どちらも肌への影響が大きく、肌の大敵です。
美しい肌を保つには、この2種類の紫外線を防ぐ必要があります。

紫外線A波(UV-A)

A波は波長が長く透過性に優れているので肌の真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリを保つ成分を破壊します。 シワ・たるみを招いてしまいます。

紫外線B波(UV-B)

B波は肌の表皮に急ピッチにダメージを与えます。
ですので、少しの間でも肌がダメージを受けてしまい、炎症やメラノサイトを活性化させ、 シミ・ソバカスを招いてしまいます。

老化の原因の大半は紫外線
老化の原因の大半は紫外線 老化の原因の大半は紫外線

シミやシワ、たるみが出てきたと感じると、「歳をとったから」とか「年齢には逆らえない」などと思いがちでは?
しかし シミ・シワ・たるみの原因は加齢によるものだけではなく、「紫外線」を浴びたことによって起こる肌トラブルである可能性もあります。二の腕の内側の皮膚と顔の皮膚を比べてみてください。 触った感触、見た目の色、シミの有無など同じ皮膚でも大きな違いが見て取れると思います。

紫外線ダメージがさらに紫外線を通しやすい肌にする!

紫外線を浴びることで、肌内部が乾燥しターンオーバーが乱れがちになります。それにより肌を外敵から守る バリア機能も低下。そのためますます紫外線が侵入しやすい状態に。
紫外線がさらに強くなる 夏になってからケアを始めるのでは手遅れになってしまうことも。

紫外線が侵入しやすい肌

バリア機能が乱れているため、紫外線が侵入しやすくなる。

紫外線が侵入しにくい肌

バリア機能が整っており、紫外線が侵入しにくい。

紫外線からお肌を守るために
老化の原因の大半は紫外線 老化の原因の大半は紫外線
日やけ止めのSPFとPAってなに?
SPF

紫外線B波を防ぐ力を表す指標数字が大きいほど効果が高く、最大50+と表示されます。SPFは何も塗っていない状態と比べ、赤くなってヒリヒリする状態になるまでの時間を何倍にのばせるか、の目安です。

PA

A波を防ぐ力を示す指標+の数でA波を防ぐ力を表しています。+の数が多いほど効果が高く、+はやや効果がある、++は効果がある、+++は非常に効果があるという意味です。

正しく塗って、正しく防ぐ

日焼け止めの効果は、 塗る量が少ないともちろん下がってしまいます。たとえばSPF値30のものを塗っても、量が少なければSPF値20程度の効果しか得られないことがあります。
実際に女性が使っている量は、推奨されている量の約4分の1といわれています。
たっぷり量を使ってしっかり予防しましょう。
ベタつきが気になる方は、サラサラ仕上げの日焼け止めを 使用するか、パウダーを重ねてみるのもよいでしょう。

保湿ケアで紫外線に強い肌に

肌の乾燥が進むと、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌内部を守るバリア機能が低下します。
バリア機能が低下することで、紫外線など外的刺激から肌を守れなくなるため、さらに紫外線が侵入しやすい状態になってしまいます。
バリア機能を高めるには、ただ1つ。 保湿ケアをしっかり行うことです。
夏は保湿ケアを軽めにしがちですが、紫外線・エアコン・ 汗などの影響で、肌内部は思っている以上に乾燥しています。 夏も冬と変わらず、保湿ケアをしっかり行うことで、ターンオーバーが正常になり、バリア機能がしっかり働くようになります。その結果、 紫外線に強い肌が作られるのです。

あなたは大丈夫?うっかり日焼け

紫外線は、晴れているときだけでなく、涼しくて過ごしやすい曇りの日も、ゴミ出しなど短時間の外出でも、少しずつ浴びてしまっています。
その わずかに浴びた紫外線が肌に蓄積し、やがてシミやシワになることも。
日ごろから紫外線を浴びないよう工夫したり、日焼け対策をしたり、充分注意しておくことが大切です。

曇っていても油断は禁物!

曇りだから紫外線対策を怠るのは大きな間違い!紫外線は雲を通過して地上に届き、肌にダメージを与えます。たとえ曇っていても、 紫外線対策は晴れた日と同じように行いましょう。

長袖だから大丈夫!は間違い

洋服の上からでも容赦なく紫外線は肌にダメージを与えます。洋服を通り抜け、気づかないうちに日焼けをしていることも。UVカット加工の施されたカーディガンなどを羽織るとよいでしょう。

短時間の積み重ねでシミ発生!?

ちょっと洗濯物を干すだけ、ちょっと近所に買い物に行くだけ。 短時間でもその 積み重ねによって肌のダメージは悪化していきます。簡単に塗れるスプレータイプの日やけ止めもおすすめです。

部屋の中でも紫外線対策を!

紫外線A波はガラスを通過してしまいます。 屋内や自動車の中、電車の中にいても油断できません。日やけ止めをこまめに塗ったり、UVカット加工の洋服を羽織って予防しましょう。

過去の美容情報