美肌への近道睡眠美容

皆さんは夜何時ごろ就寝していますか?
美容にとって睡眠は重要なものなのですが、なぜか軽視されがちです。
「スキンケアはしっかりやっているけど寝るのは1時~2時ごろ」なんて方は、とってももったいない!
少しずつでいいので、美肌への近道「睡眠美容」を取り入れてみてくださいね!

眠っている間に体が修復される

たとえば、夜更かしした翌日、1日中けだるさがあったり、頭痛に悩まされたこと、体調が悪くなったことはありませんか?
この不調の原因は、体の修復が十分に行われなかったからなのです。
本来は、夜寝ているうちに、肌を含む体全体が修復されています。
修復は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中します。
そのため、肌には栄養が行き渡りません。寝ると、血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。肌や内臓の修復には、最低でもトータルで6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間をきってしまうと、誰でも肌にトラブルが現れる可能性が出てきてしまいます。

老化の原因の大半は紫外線

夜10時~深夜2時は、「シンデレラタイム」といわれ肌にとって大切な時間です。この時間は、成長ホルモンの分泌が高まり、肌がもっとも活発に生まれかわると言われています。その時間帯に質の良い睡眠をとることが美肌のルールといわれています。
ただ、現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難です。現代で考えると、深夜0時から0時半までに寝るようにすればいいでしょう。
また、就寝時刻を一定させることも大切です。
毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。
成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますから、寝る時間が毎日異なると、スムーズに分泌されなくなってしまうのです。
毎日遅くとも深夜0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態もよくなってくることでしょう。

成長ホルモンどんどん分泌中
美肌をつくる質のよい睡眠7つのコツ
  • のどが渇いたらノンカフェインのハーブティーを

    ■のどが渇いたらノンカフェインのハーブティーを

    コーヒー・紅茶・緑茶に含まれるカフェインは、脳を刺激し覚醒させます。20時以降は控えましょう。寝る前に飲むならホットミルクやハーブティー(眠気を誘うのはカモミール)がおすすめです。

  • 枕の高さは7cmがベスト

    ■枕の高さは7cmがベスト

    一般的には仰向けに寝たときに、正しく立ったときと同じ首のカーブになるように支えてくれるのが、体に合う枕です。首の後ろにあたる部分が女性の場合7cm前後、後頭部に当たる部分が5cm前後の高さのものが理想です。

  • 難しい内容の本を読む

    ■難しい内容の本を読む

    人間の脳は安定を好むので、難しい物事に出合うと休む方向に働きます。就寝前に難しそうな内容の本を読むのもおすすめです。逆に夢中で読んでしまう本は、脳がさえることになります。

  • アロマオイルを活用

    ■アロマオイルを活用

    香りでリラックスへ導くアロマを焚いてみるのもおすすめ。ラベンダー、カモミール、マンダリンなどのオイルが眠気を促すといわれています。

  • 下着などの締めつけを避けて

    ■下着などの締めつけを避けて

    きつい下着やインナーを着て寝ると、血行が悪くなって眠りを妨げてしまいます。靴下も必ず脱ぐようにしましょう。

  • ストレッチやヨガなど軽い運動をする

    ■ストレッチやヨガなど軽い運動をする

    息が上がらない程度の軽い運動で少し体温を上げ、体温が下がり出したころにふとんに入れば、眠りのスイッチが入りやすくなります。ただし、激しい運動は逆効果なのでご注意を。

  • 就寝一時間前から照明をダウン

    ■就寝一時間前から照明をダウン

    眠りを促すメラトニンは、陽が落ちて目に入る光の量が減ると分泌量が増えます。明るい照明のついた部屋は、昼間と同じ状態になるので、眠気を催しにくくなります。就寝前にリラックスタイムを設け、照明を暗めにしてくつろぎましょう。

過去の美容情報