冷えと乾燥でこわばった冬肌は、バリア機能の低下によりターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積。ゴワついて堅くなった肌は、化粧水などの美容成分の浸透を妨げるだけでなく、肌本来の潤いを保てなくなりハリを失っています。そんな冬のゴワついてハリと潤いを失った肌の救世主となるのが、今注目のオイルを使った肌のケア「オイル美容」です!

オイルは皮脂に近い構造なので肌奥※までぐんぐん浸透して肌をやわらかくほぐし、保湿成分や美容成分が浸透しやすくするための浸透ルートを作ってくれるのです。乾燥が進んで、カサついた冬肌はゴワつき肌の原因に。今すぐあなたもオイルで若々しいツヤのある肌を手にいれましょう。

※ 肌奥とは角質層をさします。

オイルと聞くと「テカテカしそう」「ベタつきそう」などというイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし一口にオイルといっても、その種類は様々で、人の皮脂組成に近いものや細胞間脂質を構成する脂肪酸に似たオイルを選べば、肌なじみが良くベタつくことはありません。 また、最近ではベタつきが気になる方も選びやすい、しっとりタイプやさらりと軽い付け心地のオイル美容液もありますので、ぜひお好みのアイテムを普段のケアに取り入れてみてください。

オイルを塗ったせいで日中の皮脂分泌が過剰になり、メイクが崩れるのではないか。実は年齢肌は皮脂が不足しがちです。不足した皮脂をしっかりと補うことで、潤いとツヤのある肌を目指しましょう。

油焼けの原因は不純物を含む「石油系鉱物油」です。最近のオイル美容液は鉱物油を使用せず、植物系のオイル成分を使用するなど、紫外線ダメージをケアして肌をやさしく守ってくれるものもあります。自分に合った上手なアイテム選びで、安心してプラスワンケアを叶えましょう。

オイル美容液は、洗顔の後やスキンケア後、または化粧水に混ぜて使用されるなど、様々なものがあります。また、マッサージにも最適なので、肌をやさしくマッサージしながら、しっかりと肌へ浸透させましょう。

ゴシゴシこすると肌を傷つけてシワの原因に。手の平のオイル美容液を、中心から外側に向かってやさしく伸ばしてください。

「オイル美容液」のホットタオルパック

毛穴が開いて、美容液が肌の奥まで、より浸透しやすくなります。パックのあとのふっくらすべすべ感を、体験してみてください!

  • 「オイル美容液」を手の平にとり、両手をこすり合わせるようにして広げます。

  • 手の平で包み込むようにしてしっかり顔全体にのばしてください。

  • 顔に蒸しタオルをふわっと乗せます。

  • タオルが冷たくなる前にタオルをとって、再度「オイル美容液」をつけていつものスキンケアを。

ハンドプレスでじっくりなじませる

手を縦・横につかって、細かい部分までしっかり包み込みましょう。
毎日の”オイル美容液”は「ハンドプレス」がおすすめ。 「オイル美容液」をつけた後、両手のひらでお顔を包み込みやさしくそっと押さえることで、肌に美容成分がしっかりなじみます。簡単なひと手間ですが、ぜひ、毎日の習慣にしてください。

過去の美容情報