髪の悩みを解決!正しいヘアケア

髪のボリュームが減ると老け感につながる

最近髪の毛にハリやツヤがなくなってきた•••なんて感じていませんか?髪のボリュームがなくなると、一気に老けた印象になりますよね。
40代になると、髪の毛全体が細くなったり抜け毛が増えることで地肌が透けてしまい、全体的にボリュームがなくなっていきます。これは、ホルモンバランスの乱れが原因のひとつとされています。
もうひとつの原因は血流不足。頭皮の血流が悪くなることで髪に栄養が十分にいかず、同様の症状を引き起こします。原因はストレスや睡眠不足、喫煙などです。そのほかにも、髪や頭皮は紫外線によって痛めつけられたり、冷暖房によって乾燥したりと外的刺激からもダメージを受けます。
まだ若いからといって油断していると、後々後悔することも。いつまでも健康な髪を保つには、毎日のヘアケアがとっても重要なのです。
毎日のシャンプーを見直して、正しい方法で髪をいたわってあげましょう。

美髪を保つシャンプーテクニック

薄毛に悩む人は、シャンプーにかける時間が短いという傾向があります。でもこれは逆効果。頭皮がちゃんと洗浄されていない、コンディショナーが頭皮に残ったまま、など頭皮や髪に悪影響を与えることも。
シャンプー前に髪を十分にぬらさないことも多く、乾いた頭皮にシャンプーがつくと落ちづらくなり頭皮や髪を傷める原因に。シャンプー前には素洗いをするつもりで十分に髪全体をぬらすこともポイントです。
シャンプーは頭皮を洗う洗浄剤で、コンディショナーやリンスは髪の毛の補修やコーティングをするもの。それぞれの役割にあった正しい方法をマスターしましょう。

洗髪後はすばやく乾かしてマッサージ

シャンプー後の乾かし方も重要です。
ぬれた髪の毛は、キューティクルが全開で外的刺激を受けやすくなっています。放置せずに、なるべく早く乾かすことが大切です。自然乾燥はせずにドライヤーをあて、すばやく乾かしましょう。
まずはタオルでしっかりと水分をとってから、ドライヤーをあてます。早く乾かすために温風にして、根元を中心に内から外へ向けてドライヤーをあててください。頭皮が湿った状態が続くと細菌が繁殖しやすく、フケやかゆみの原因になることも。根元はしっかりと乾かしましょう。
全体がほぼ乾いたら、冷風にしてキューティクルを引き締めることも効果的です。
硬くなっている頭皮はマッサージでほぐしてあげるとよいでしょう。頭皮をほぐすことで血流やリンパの流れもよくなりますので、習慣的に行うクセをつけましょう。

 

過去の美容情報