乾燥肌に悩む方必見その保湿ケア合っていますか

なぜ肌は乾燥するのでしょうか?

人間の肌にはもともと潤いを守るさまざまな保湿成分があります。
これらの保湿成分が、正常に働かなくなると、肌内の水分を保持できなくなり、乾燥が起こってしまいます。肌の中にある保湿成分の生産量は年々、老化とともに減るため、肌は乾燥しやすくなるのです。

  • 潤っていない肌

    肌が乾燥しているとバリア機能が乱れて、紫外線などの外的刺激が侵入。ダメージが蓄積することでシミやシワ、たるみなどの加齢サインを引き起こします

  • 潤っている肌

    潤っている肌はバリア機能が正常にはたらき、紫外線などの外的刺激侵入を防いで肌の内部を守りながら、健やかな肌を保ちます

年齢とともに肌の水分量・皮脂量は減っていく

肌の水分量は、生まれたときからだんたんと減少していきます。同時に細胞が生まれ変わるターンオーバーのサイクルも年齢とともに遅くなります。そのサイクルが滞り、代謝機能が低下すると、角質層が厚く固くなりがちになってしまいます。
さらに油分量も年齢とともに分泌が低下します。肌の皮脂量は、10代で増加した後は、20~30代をピークに減り始め、50代前後で急に減少します。皮脂量は個人差が大きいとされていますが、加齢によりピーク時の半分くらいの量になる場合もあります。

冬は肌にとって過酷な環境

真夏と真冬の気温差は、平均気温で20℃にもなります。気温が下がると代謝が低下しますが、皮膚でも同じことが起こります。皮脂腺や汗腺の機能が低下することで角質層が厚く固くなりがちになってしまいます。
また、冬になると、気温だけではなく、湿度も低下します。夏と冬とでは、平均湿度で30%近くも差があります。空気中の水分量が少なくなると、肌から水分がとられてしまい乾燥が進みます
最近では夏のエアコンでも湿度が低くなるため、夏の肌乾燥も問題になっています。

化粧水などで水分を補うことを保湿だと思っていませんか?
本当に必要なケアとは、肌の土台を立て直すケア。潤いとなる「水分」と、潤いを閉じ込める「油分」の両方を補うケアを行うことで、根本の肌力が強化され、美しい肌を支える根本の機能が正常に働きだします。これにより内側からみずみずしく健やかな肌になれるのです。

乾燥を感じるときはクリームを追加

乾燥を感じているときは、もう1ステップ、クリームを追加することをおすすめします。
クリームには、乳液や美容液に比べて油分が多く配合されているため、肌の表面をすっぽり覆い美容成分をしっかり閉じ込める効果があります。

潤いを食事面から補給

ビタミン鉄分をとってみずみずしい肌を保ちましょう。
肌の乾燥が気になるときに補給したい栄養素はビタミンです。とくにビタミンAは、肌に潤いをもたらしてくれるので必須。ビタミンAはターンオーバーを調整し、本来のみずみずしくすこやかな状態で新しい肌が生まれるのをサポートします。ビタミンAはレバーや緑黄色野菜に豊富に含まれます
また乾燥肌は、血行不良が原因になっていることも多くあります。血行を促す働きのある鉄分をとると効果的です。

 

過去の美容情報