いま、美容業界が大注目!美肌のカギは「オートファジー」にあった!

きれいな人ほど活性化している!?ハリを生み出す細胞サイクル「オートファジー」に話題騒然! 次々と画期的なエイジングケアが登場する美容業界において、いま、「オートファジー」が話題を集めているのをご存知ですか? オートファジーとは、肌に元々備わっている細胞の代謝機能のこと。劣化したコラーゲンやヒアルロン酸を分解し、新しく生成するための美肌資源をつくる働きで、この働きが正常であれば肌は若々しさを保つことができます。「オートファジー」が与える肌への影響は大きいと考えられ、あらゆる分野で応用が進んでいます。「オートファジー」の研究が2016年ノーベル賞を受賞!古いコラーゲン・ヒアルロン酸を分解・再生し、新しい資源に作りかえる、まさに肌細胞内の「リサイクルシステム」。オートファジー研究はノーベル賞を受賞し、世界中で注目を集めています。

加齢でオートファージー機能が低下するとシワ・たるみが加速します。

肌のハリ・潤いが保たれているのは、肌内で常に「オートファジー」が働き、細胞サイクルが好循環しているからです。しかし残念なことに、加齢とともにオートファジーの働きは低下し、それが肌の加齢サインに大きく関わっていることがわかりました。オートファジーの働きが低下すると、劣化したコラーゲン・ヒアルロン酸が蓄積し、新たに生まれにくくなります。その結果、ハリや潤いが失われ、シワ・たるみへとつながるのです。つまり若々しい肌を保てるかどうかは、オートファジーを活性化できるかがカギを握っているのです。

オートファジーが停滞している肌

オートファジーが停滞すると、細胞に老廃物が蓄積。ハリや潤いが失われ、より老けた印象に。

オートファジーが活性化している肌

オートファジーが活発に働いていると、細胞内の老廃物がリサイクルされて、ハリや潤いが生まれ、若々しい肌に。

オートファジーを活性化する成分「レグセンス」が注目されています。

「レグセンス※」とはホワイトアスパラガスに含まれる成分で、ホワイトアスパラガスは、ヨーロッパでは古来よりそのゆで汁を洗顔に用いるとくすみをキレイにすると言い伝えられてきました。このユニークな成分「レグセンス※」は、オートファジーを活性化し、コラーゲン密度を高めるともいわれています。

美容効果が高い「レグセンス※」

ナバラの真珠
と呼ばれている

希少性が高い
厳選成分

コラーゲン密度を
増加させる

コラーゲン密度が低くスカスカの肌。ハリ・弾力が失われている。

コラーゲン密度アップでぷるぷるの肌。ハリ・弾力が溢れている。

※イメージです。

※アスパラガス茎エキス

ハリ再生のカギとなるオートファージーを活性化させる賢い美容法

美肌への重要なカギを握る「オートファジー」は、自分で活性化させることも可能です。肌内のオートファジーを活性化させるために〈プチ断食〉〈スキンケアを活用〉の2つの方法をご紹介します。誰でも実践できる簡単な方法なので、ぜひ、生活に取り入れてみてください。

オートファジーは1日断食するだけで活性化するといわれます。なるべく間食せず、何も食べない時間を作るプチ断食を実践するのも一案です。

美肌とオートファジーの関係が認識され、美容業界でも化粧品などへの応用が進んでいます。オートファジーに着目したスキンケアを取り入れるのも賢い選択です。

過去の美容情報